◆大切な妻を晒す◆

妻・梨奈(37歳)のソフトなエロ姿を 本人には内緒で友人達に晒したくてブログ開設しました♪ ていうか、実は友人達に「梨奈のエロ画見せてよ~」と せがまれ、熱意に負けました(>_<)

◆◆◆ は じ め に ◆◆◆

帯上【警告】
当ブログはアダルト的な内容を含むため、18歳未満の方の閲覧は固く禁止致します。
また、ブログに掲載されている画像の無断転用は厳禁です。(著作権侵害に相当します)
【運営方針】
このブログは「わいせつ電磁的記録媒体陳列」規制の主旨に賛同し、ルールを遵守するため、トップページ以外の全ての記事をパスワードにて管理させて頂いております。
【パスワード申請】
パスワードをお教えできるのは、最新記事へ感想コメントを書いて頂き、その際、「パスワード希望」と明記し、メールアドレス欄に記入(フリーメールでも可)して頂いた方に限らせて頂きます。(メールでのパスワード申請は御遠慮下さい)帯下

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

  1. 2022/05/25(水) 23:59:59|
  2. お知らせ

空港ターミナル屋上の送迎デッキにて(*^_^*)

いよいよ、九州の名湯 K川温泉ともお別れです。
混浴の多いことでも知られるこの温泉地で、たくさんの殿方に存分にパンチラや裸を見てもらった梨奈は、男性のエロ視線で磨かれてお肌もツヤツヤ♪(*^_^*)
少し早めに空港に着いたので、ターミナル屋上にある展望デッキで露出撮影の機会を窺っていたのですが、まったく途切れず、次から次へとやってくる人、人、人。。。
子供連れのファミリーや手を繋いだカップル、制服を着た中-学生たち(修学旅行?)、挙句の果てに、梨奈の超ミニに引き寄せられるように付いてくる単独もチラホラ。。。
まあ、その手の人に見られる分には全然、構わないんですが。。。( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
できれば屋上展望テラスで全裸撮影まで、、、と考えていたのですが、人と監視カメラの多さに、やむなく断念しました。
精一杯、頑張りましたが、ここまでが限界でした。
我々のドキドキしてる心理状態、ハラハラした臨場感が、皆様に少しでも皆様に伝わればいいのですが。。。(´▽`*)


① まずは例によって、非エロ着衣画像からスタートです。私がその点にこだわっているのは意味があって、この時着ていた梨奈のファッションや、どんな場所と状況で撮影したのかを皆さんに知ってもらうためなんですよ~♪(*^_^*) ということで、ごらんの通り、空港ターミナル屋上にある展望デッキです。後ろに見える飛行機が、ちょうど今ついて、整備や給油が終わった後、私達が乗って帰る飛行機です。梨奈のファッションはいかがですか? レストランで例のごとくガードの甘い梨奈のパンツがミニスカから見えていたらしく、単独ストーカーらしき人が何人か私たちの後を尾いて来ているのが面白かったです。素知らぬフリで、わざと梨奈のパンチラ見せてあげたりしているうちに、気が付けば私のチンコがカチンカチンに勃起しちゃってましたぁ( ̄∇ ̄*)ゞテヘッ
o黒川22a



② ターミナル屋上の展望テラス。滑走路側から駐車場側に向かって撮影しました。階段に座った梨奈のA字パンチラです。カメラを構える私の背後には人も多くいたのですが、皆、滑走路の飛行機を見ているので、梨奈のパンチラに気づく人は誰一人いませんでした。でもこの写真、あまりハッキリとパンティが見えていませんね~ ちょっと陰になって暗い感じ。それとも、後ろの山を借景にしようと引き気味に撮ったのが悪かったのかな~(;´∀`)
o黒川22b



③ 「遠すぎてパンツ見えねーよっ!」って怒っている、そこの人! アナタのために、グ~~ッとズームしてみました。それでも、あまり鮮明には見えませんね~ このパンツ何色なんだろう?白かな?(^-^; なんか、色がハッキリ判りませんね~(;´∀`)
o黒川22bb



④ 「何色のパンツ穿いてるか、判んねーじゃん!」とお怒りの人、ほら、キミ、キミですよ! こうすれば梨奈の穿いているパンツが何色がハッキリ判るでしょ?( ̄― ̄)ニヤリ 前だけ捲って後ろはギリ隠れていると思うんですけど、右後方から隙を窺うように覗き見てる単独さんは、薄々、勘づいてるみたいで、一定の距離を置いて、私達の後を素知らぬ風に尾いてきます。それにしても梨奈は網タイツが好きですね。生足7割、編タイ2割、ガーターストッキング1割って感じですね。普通のパンストは、仕事中穿いているのでプライベートでは、ほぼゼロです。ちょっとモリマン気味になってるのはナゼなんだろう?( ゚Д゚) 恥ずかしそうな表情(ボカシてますが)がまた、堪らないです♪(*^_^*)
o黒川22c



⑤ 人が少なくなったところで、「上だけでも全部脱いじゃおう!」ってことになりました。しかし、脱ぎ始めた途端、子供連れの若いお母さんと、絶対に梨奈を尾けて来たに違いない出張リーマン風の単独さんが息を切って追いかけて屋上に! この人、レストランでもパンチラの見える角度に席を移って、梨奈のパンチラを多分、ず~っと見ていたんでしょうね。食べるのを忘れて、、、( ̄m ̄〃)ぷぷっ! 私たちが先に会計を終わらせ屋上にエレベーターで直行、レジの私達を見てダッシュで食べ始め、慌てて駆け上がって来たようです。(キョロキョロしてます) こういう人がいるってのも面白いですね。でも、そんな事があったため、上半身裸になるために脱いでる途中の梨奈は、慌てて死角に隠れて小さくなってます。子供がスゴイ勢いで走り回るのでビビリまくり、最後は、子供に見つかって「ああ~女の人が着替えてるよママぁ」とお母さんに報告。お母さんも怪訝そうな顔をしながら私達を見ると(状況を知ってか知らずか)子供を「ほら、もう行くよ~!」と叱りつけて下のテラスに行きました。ま、お陰で単独さんには見つかってしまいましたが((+_+))
o黒川22d



⑥ 単独さんがウロチョロしてるので、物陰に隠れてブラのホックは外さず、ズリ上げて乳首見せ、、、ここまでが限界でしたね。この後、単独さんに見つからないように、こっそり服を着るのがまた大変でした・・・撮影の時は単独さん、正直、要らんから!( `―´)ノ
o黒川22e



今回は、これにて終了です。
ちょっとスリルとリスクのある空港の展望ロビーでの露出(露出度は低いですが)いかがだったでしょうか?
これからも、「ソフトなエロスとフェティズムの融合」というブログのテーマに沿って、手を変え、品を変え、「イケてない妻を、いかにイケてるように見せるか?」に心血を注ぎ、皆さんに飽きられないようにブログを続けて行こうと思っています!(‘◇’)ゞ
これからも仲良くして下さいね♪(^_-)-☆
続きを読む

テーマ:素人 - ジャンル:アダルト

  1. 2018/07/28(土) 00:14:49|
  2. 野外(館内)露出
  3. | コメント:82
次のページ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

梨奈の旦那

Author:梨奈の旦那
妻・梨奈は37歳、私は44歳の、結婚16年目になる夫婦です。(子供はいません)
私の紹介はどうでも良いと思いますので妻の紹介を…(^_-)-☆
梨奈は 167cm/49kg で、3サイズは上から 83(C-cup)-58-84 だそうです。(あくまで自己申告なので責任は持てません ^^;)

さて、ブログを開設したきっかけですが…
結婚も3年目を迎え、夜の生活もマンネリになってきて回数も減ってきたある夏、仲間たち(夫婦・独身合わせて11人)とコテージのあるキャンプ場に行き一泊。 夜、男衆で飲んでると、「今日、梨奈のパンチラ見えたで~」という話で盛り上がり、「俺だって今まで何回も見てるよ」「けっこうチラチラ見せてくれるよな」等々、結局、全員が妻のパンチラを見てた事に愕然とした私…
たしかに、デニム系の短めのスカートをよく穿いてるし、もちろん、私は妻のパンチラなんか飽きるほど見てきましたが、それは、あくまで「旦那の前だから」と思っていたのですが、まさか、友人全員に何度もパンチラ見られていたなんて、もう悔しくてショックでした!
しかし、そんな話を聞いているうちにムラムラと興奮し、大勃起している変な私…
部屋に戻り、妻に乱暴に襲いかかりました。
いつもと違う私に、妻が「どうしたの?何かあったの?」と聞くので、妻が全員にパンツを見られていた事を話したら、妻もかなりショックだったらしく、話の詳しい内容を執拗に尋ねるのでした。。
そうするうちに、だんだん妻が豹変して、私の上に乗り激しく腰を動かし、明らかに興奮しているのが分かりました。
時々、「〇〇君も見たのね、△△君にも見られちゃったんだぁ、□□君は見てどう思ったかしら?」などと呟きながら腰を前後に激しくグラインドしている妻を見て、「もしや、妻って見られて興奮するタイプ?」なんて思ったのでした。
実は私も、以前、知らない男に、男湯から女湯にいた妻を覗かれた経験があり、その時は何も言えず、ただ茫然と必死に覗いてる男を眺めていましたが、その時、激しく勃起している自分に驚きました。
私の場合は妻が見られて興奮するタイプなのでしょうね。

そんな事があって、それ以来、妻も「絶対に誰にも見せないと約束してくれるならいいわよ」と、旅先の宿や温泉でソフトなH撮影に応じてくれるようになりました。
妻はシャッター音に感じるタイプで、撮影の後は驚くほどグショグショに濡れていて、その後のHも痴女のように積極的になります。
普段は、声なんか出さないのに、Hな言葉を口走り、激しく腰を使い快感を貪る妻の姿を見ると、普段の清楚な妻とのギャップに唖然としてしまいます。

最近は、人の来ないような場所で、野外撮影するようにもなりました。

ただ、ここに来て、お互いの間に少し温度差が生まれてきました。
妻は「見られるかも知れないというドキドキ感や、人に見せられないような恥ずかしい恰好をしている屈辱感に快感を覚えるのであって、実際には、絶対に誰にも見られたくない(特に知っている人に)」というタイプだと分かりました。
私の方は、「自慢の妻の恥ずかしい姿を誰かに見て欲しい。できれば、妻の事を知っている人に!妻を大好きな友人達に喜ばれながら見せられれば最高♪」というタイプなのです。

そのうち私の中で、妻を晒したくなる気持ちが どんどん膨らんできました。
ここ数年で何千枚も妻のH画像を撮ってきましたが、約束は厳守し、友人達に一枚も見せた事はありません。
これからも、直接、誰かに見せたり手渡したりすることはないでしょう。
そこで、その私の気持ちを知った、友人達(妻のエロ姿が見たいという下心見え見えの)に押し切られて、ブログを開設するハメになった次第です。((+_+))
友人達全員に、ブログを教えているので、彼らは、好きな時に私の妻の恥ずかしい姿を思う存分見る事ができるわけです。
彼らが妻の恥ずかしい姿を嬉しそうに見ている姿を想像するだけで、下半身が爆発しそうになってしまうなんて、私は救いようのない変態ですね… (^_^;)

てか長過ぎだろ、このプロフィール!!

月別アーカイブ

カテゴリ

パンチラ&パンツ見せ (63)
野外(館内)露出 (52)
温泉・混浴・露天風呂 (50)
室内撮影 (30)
スペシャル号 (26)
ボツ画蔵出し (21)
お知らせ (10)
コスプレ (10)
Panty Catalog (9)
2人の世界 (3)
未分類 (0)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム